ジュリアナ・ランシック(Giuliana Rancic)、「私は本当に恵まれていたわ、夫ビルが全てだったわ」と語る

daysi 2013年10月10日 0

rs_560x415-131007134220-1024_rancic_cm_10713

ジュリアナ・ランシック(Giuliana Rancic)、:妻であり母親、TVスターでもある彼女は闘志ある女性です。

彼女は、乳がんとのバトルと戦いながらも二つの乳腺腫瘤摘出を経て癌を克服したことついてはとても恵まれていたと主張します。彼女は後に乳房切除も経験しました。

「私は本当に恵まれていたわ、」E!ニュースの共同ホストでありGiuliana & Billのスターでもあるジュリアナはこう語りました。「私は乳がんとともに公衆に出ているから、たくさんの話しを聞くし、その中のいくつかは他のものより良くはないのよね。手術の結果が複雑さを生んだか生まないにしろ、私は全て聞いているわ。それで、自分どれだけ恵まれているかを実感したわ…そこを脱出できたんだもの…だって、生命の危険を伴う重大な手術だから。」

現在、彼女が病気と宣告されてから2年立ち、「主に4か月に一度、血液検査で私の状態が大丈夫であるかをチェックしているわ。―今のところは大丈夫よ。」彼女はこう語りました。

2012年8月29日には息子であるエドワード・ドュークを妊娠を経て出産したジュリアナは、夫であるビル・ランシックが彼女の回復でへかけがえのない役割を果たしたことを語りました。

「ビルが全てだったわ。私の夫は宣告をされてから今日まで全て過程で傍にいてくれたわ。彼無しではどうやってここまでやってきたわからないわ。本当にわからない。」

「私はいつも、全て人が彼のようなサポートシステム備えているとは言わないわ。彼のような傍でいつも支えてくれた素晴らしい存在無しでは、どうやって乳がんを乗り越えてきたかは分からないわ。」

E!

Leave A Response »